自分的覚書です。

開発支援(というかプロジェクト管理支援なサービス)

37Signalsプロデュース

  • Basecamp(プロジェクト管理)
  • Highrise(オーガナイザー+タスク+注文管理)
  • Campfire(拡張チャットシステム)
  • Backpack(ナレッジ共有)

全部相互に連動可能。これでバージョン管理システムが追加されたら完璧w

プランはピンキリであるけど、フリープランがどれもある。

とりあえず使ってみるだけなら、30日間どのプランでも無料で試用可能だけど、個人とかSOHOで使うにはわりとフリープランでもいける感じ。

Harvest(拡張顧客管理システム?というか労働時間管理+請求見積の管理+α)

Simply Invoice(注文管理システムというより請求書発行システム?)

Beanstalk(バージョン管理システム。所謂Subversionの高機能Webサービス版。1リポジトリだけならTrialプランでフリーで使える)

上記は全部37signalsのサービスと連動可能。

 

プロ管用サービスは他にも和製のがある。

CybozeLive(グループウェアとしてすでにある程度の規模の会社なら標準装備されてるCybozeの無料版)

Backlog(和製プロジェクト管理システム。GUIが凝ってるけどフリー版ではほぼ意味なし。有償プランは結構お高い)

番外で、GoogleDocument+Group、Live.jpのSkyDrive+Groupとかもありえる。

 

とりあえず、ざっといろいろ試してみた感じ、やっぱり37signalsのサービスが一番使いやすい感じ。

Basecampは標準で日本語化されてるし、他のはUIは日本語化されていなくてもデータは日本語OK。

名前がFirstName-LastNameの順に表示されるので、感じで名前入れると、微妙に違和感ありだけど…

まあ、その程度。

 

ちなみに、自前サバがあって、Ruby on Rails使えるなら、Redmineを入れるという手もあり。

こっちは完璧自分で管理出来るので、ある意味、自由度高い。

が、入れるの面倒っていうか、いろいろサーバ側の制約と設定が必要。

ちなみに、BasecampはRedmineを見本にしてるらしい…。

Redmineより全然使いやすいし、UIも洗練されているけど。

 

というところでタイムアップ。

詳細はまた今度!<ってそればっかり(^_^;

 

Tagged with:
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です