ノートン先生の更新期限が一気に来たので、ばたばた更新しました。

とは言え、Windows版のは[ad#SymantecNorton360-txt-LS]で自動更新になってるので、何回か通知が表示されて、メールが来た後に更新されてました(^_^;
[ad#SymantecNorton360-img-LS][ad#SymantecNorton360-txt-LS]

この自動更新は忘れずに更新されるから楽だわなっと。

代金の支払い方法を登録しとけば、期限が来ると自然に通知してくれて、その後で更新処理が自動的にされるので、特に意識される必要なし。更新止めようと思ったら、通知メールが来た時点で更新処理を停止する手続きをとればOK。

大抵の場合、アップグレードするとか、セキュリティソフト自体を変える予定があるという事情でもなければ、入れっぱなしと思いますので、何もしなくても良いのは楽です。

バージョンアップとかもLiveUpdateできっちり更新スケジュールを設定しとけば(デフォルトではちゃんと設定されてるので、後はそれを弄らない&そのタイミングでネットにつなげる、のを怠らなければ、放置でOK)、それでOKですね(*^。^*)

安心のノートン先生ですが、ただ今キャンペーン展開中とのこと。まずはこちらから最新バージョンの[ad#SymantecNorton360-txt-LS]の体験版をダウンロードして使って見て下さい。更に早く意識することなく使えるようになったセキュリティソフトが体験できますよんv
[ad#SymantecStore125x125-LS]

ちなみに、Mac版の方は、[ad#SymantecNISMac-txt-LS]なんですが、これが今回ちょっと妙なことしてしまったので、更新サービスが微妙に更新できてません。
[ad#SymantecNISMac-img-LS][ad#SymantecNISMac-txt-LS]

更新サービスの登録をしないで、ダウンロード版を新たに購入し直したのですね。で、ダウンロード版を上書きインストールしたのです。

これがユーザ情報とか登録情報が新しい情報に書き換えられず更新サービスは期限切れのままで、相変わらず延長キーを相変わらず請求される状況…。しかもLiveUpdateサービスが使えなくなってしまったので、ウィルス定義が更新されない。

あうあう(T-T)

なんだか本末転倒?!

サポセンに電話して聞いてみようかと思いつつもすでに閉まってる状況。

さあ、どうしましょう?!どうする?自分?(゜◇゜)ガーン

イマドキ、いろいろ物騒なのでやっぱりセキュリティソフトは常に更新して最新にしとかんとまずかろうし…。やっぱり関連のApplicationSupport内の設定関連ファイルを削除して入れ直すべきか?ってかそれが一番早い?!とか思ってるとこです。

素直に更新サービスを登録って選択肢を選んで、素直に延長キーを購入しとけば良かったです…

しかし、サポート情報にはWindows版の情報しか無くて、Mac版の情報もなんだか画面がWindowsのものだし、対処方法とかどうすりゃ良いの?!情報が無いってどういうこと?せめて延長キー購入選択した後の画面だけでも、Mac版なんだからMac版の延長キー購入画面を表示してください!でないと素直でないヒトは別口から購入しちゃう事になるわけですね…orz

Norton先生、昔(っていつだよ)はMacが専門だったんですから、その辺お願いです!!

とりあえず、延長サービス二重に買うのはあまりに無駄なので、なんとか解決策を探そうと思います。策が見つかったら、レポしますです。

Tagged with:
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です